グローバルファミリーの会

カンボジア、ミャンマーを中心とした国際ボランティア団体

国際ボランティア団体 グローバルファミリーの会

カンボジア旅行でプノンペン託児所を訪問した時にお世話になったボランティア団体のサイトがオープンしました。
当時のブログはこちら。カンボジアのプノンペン託児所でボランティアを考える

カンボジア、ミャンマーを中心に活動している国際ボランティア団体です。グローバルファミリーの会。フォームだけお手伝いしました。


僕は、今年にカンボジアに行ってから、社会起業家に興味を持つようになり、本を読んだり、イベントに参加したりするようになりました。ここ数ヶ月は、ボランティアや社会起業家、NPOや行政の人たちと話す機会を意識的に作った。

どんな団体と話しても、経済的に厳しい。ボランティアスピリッツで成り立っているので、若い人か年配の人が多い。僕ら30代がどうコミットしていいのか、どうすればコミットしてもらえるのかは、みんな悩んでいる。
本を読むと一部の団体は経済的にも成り立っているようだが、それは一部の団体か、もしくはプロモーションだと思う。

産業としては成り立たないから民間が参加しないのだ。と何かの本に書いてたが、もちろんそのとおりだ。だから、参加している人の本気度もさまざま。

社会起業家は、ある程度ビジネスモデルを考えてからコミットするから、多少は勝算がある場合が多い。しかし、行政の場合は、勝算がない問題が目の前に迫っているときもあるので、もっと大変。
そう聞くと、僕みたいに安定収入を得ながら、よさげなビジネスモデルを物色している人間の本気度なんてしれたもの。

こういうのが現状。

とりあえず、何ができるかな。と考えたら伝えることぐらいなわけです。だから、ブログに書いて少しでもたくさんの人に知ってもらう。好きの反対は嫌いではなく、無関心だという。だから関心をもってもらうために、情報発信。

うん。ウェブらしい考え方。

たくさん情報を得ていると、成功する要素があることは分かる。
今回、サイトオープンした「グローバルファミリーの会」はサイトとしても団体としてもまだまだだ。知ってることはシェアして、何らかの支援をしていきたい。

コメントする

ログイン情報を記憶

この記事のトラックバックURL (トラックバック(0)) (承認後に公開されます)

スポンサー

僕たちは世界を変えることができない。 あなたのたいせつなものはなんですか?―カンボジアより カンボジアを知るための60章 エリア・スタディーズ わたしが見たポル・ポト―キリングフィールズを駆けぬけた青春 カンボジアの子どもたち―遠藤俊介写真集 老いて男はアジアをめざす-熟年日本男性のタイ・カンボジア移住事情