2009年5月11日

プノンペンの市場で子供たちのお菓子を買う

キリング・フィールドの後に、子供達にお菓子を買うためにプノンペンの市場に行った。日本人がたくさんのお菓子を買うから、お菓子屋のオヤジはご機嫌だった。

これってジャパンマネーをばら撒いてるように見えるんだろうな。複雑な気持ちだ。

100円相当のお菓子を100人分買って、100枚のビニール袋を買った。物価は日本の1/7ぐらいかな。お菓子の大人買いです。

お菓子を買って配ったほうがいいのか、1万円あげたほうがいいのか?

みんなでお菓子を検討中。

プノンペン市場でお菓子を物色

大人買いも複雑な気持ちになる。

プノンペン市場でお菓子を車に無理やり車に詰め込む

荷物を車に積み込む。ダンボール6、7つ分だった。無理やり車に詰め込む。

プノンペン市場のランチ

ほんで、市場でご飯を食べました。1人約1ドル。なかなかうまい。食後に、ヒイさんの家で少し休憩。フェアトレードの状況を教えてもらいました。

中谷よしふみ
プノンペンのフェアトレード事情
プノンペンに到着、キリング・フィールドへ

コメントする

ログイン情報を記憶

スポンサー

僕たちは世界を変えることができない。 あなたのたいせつなものはなんですか?―カンボジアより カンボジアを知るための60章 エリア・スタディーズ わたしが見たポル・ポト―キリングフィールズを駆けぬけた青春 カンボジアの子どもたち―遠藤俊介写真集 老いて男はアジアをめざす-熟年日本男性のタイ・カンボジア移住事情