2009年5月11日

プノンペンに到着、キリング・フィールドへ

朝6時にトゥクトゥクでシェムリアップ空港に向かう。カンボジアの人はみな早起きだ。

トゥクトゥクでシェムリアップ空港に向かう

プノンペンに到着

2009年5月9日朝9時にプノンペンに着くと、オーナーのヒイさんが迎えに来てくれた。後で知ったが、孤児院ではなく、託児所とのこと。違いも分からない。
そして、今日は土曜日。だから託児所には子供はいない。これも失敗の1つだ。平日に来るべきだったが曜日感覚がなかった。
しかし、今日は休日にも関わらず、日本からお菓子が届く特別な日ということで、噂が噂を呼び、お昼から子供達がスタンバイしてるそうだ。

今は託児所には45人の子供がいる。基本的に6歳までとしているそうだが、卒業しても学校の合間に遊びに来る子もいるそうだ。遊ぶ場所がないのだ。
だから卒業生も入れると100人ぐらいの子供がいる。そう、今日は100人の子供が待っているのだ。僕を待っているのではない。きっと、お菓子を待っているのだ。こっちでは米を食べるのが精一杯。甘いお菓子なんか食べられない。


ポル・ポトが大量虐殺をしたキリング・フィールド

市場にお菓子を買う前に、ポルポト率いるクメール・ルージュが大量虐殺をしたキリング・フィールドに行った。

カンボジアのキリング・フィールド

ポルポトによってたくさんの人が殺された場所。観光スポットだが人は少ない。
子供が子供を殺し、ピストルがもったいないと、木にぶつけたり、ハンマーで頭を叩き、人を殺しまくった場所。あちこちに穴みたいな跡があり、そこには大量の死体があったそうな。今は、パッと見はのどかな野原だが、慰霊塔には骸骨が並んでいる。

ヒイさんはポルポト時代をカンボジアで過ごし、その後、日本に住んでいた。3年前からプノンペンに住んでいる。

ポルポトは昔は悪い人だと思っていたが、今ではいい人だったと思う、とヒイさんは言っていた。すごい不思議。周りの人もたくさん殺されただろうに、なぜそう思うのだろうか?

彼女いわく、なぜポルポトが大量に人を殺したが分からないが、みんなから奪った金品もしっかり管理していた。盗んでいたのはベトナム人。何か意図があったんだと思う、と。

これは情報操作なのかなんなのか全く分からないが、興味深い。
そういう風に考えている人が増えてきてるのか?と聞くと、年配の人にはこういう意見が増えてきてるらしい。確かにベトナムとカンボジアには壁を感じる。人はどちらもいい人だけど、なんか違う。戦争のせいだろうか。日本と中国みたいな感じなのかも。

中谷よしふみ
プノンペンの市場で子供たちのお菓子を買う
アンコールワット観光

コメントする

ログイン情報を記憶

スポンサー

僕たちは世界を変えることができない。 あなたのたいせつなものはなんですか?―カンボジアより カンボジアを知るための60章 エリア・スタディーズ わたしが見たポル・ポト―キリングフィールズを駆けぬけた青春 カンボジアの子どもたち―遠藤俊介写真集 老いて男はアジアをめざす-熟年日本男性のタイ・カンボジア移住事情