2009年5月 2日

プノンペン孤児院に行く5つの目的

カンボジア旅行はSTWツアーで、ベトナムとカンボジアの2カ国6泊7日で7万円ぐらい。カンボジアはアンコールワットがあるシェムリアップが旅行の目的地。

一緒にポッドキャストをしている山下さんのお母さんはカンボジアでボランティアをしている。前々からその話は聞いていたので、この機会にその孤児院に訪れてみようと思った。

山下さんに相談したところ、彼のお母さんも是非現実を見て来い!と言っていたと聞いて、ボクは即決した。

プノンペンに行くミッション

  • 子供たちにお菓子をプレゼントする
  • 孤児院に建設中の食堂の写真を撮る
  • 子供で個人写真がない子の写真を撮る(里親用)
  • 現地で作っているフェアトレードのサンプルを持っていく
  • 現地で作ったフェアトレード商品を日本に持って帰る

時間がなく、適当に安いツアーに申し込んじゃったから日程に問題があった。
孤児院があるのは首都のプノンペン。僕が行くのはアンコールワットがあるシェムリアップ。

シェムリアップからプノンペンに移動

アンコールワットがあるシェムリアップから首都プノンペンへは長距離バスで5時間かかる。
昔はひどい道で、50cmぐらい飛び跳ねたりするものだから、一睡もできず大変な移動だったようだ。

友人いわく、しゃべってたら舌を噛みます。とのこと。
たぶん、2001年頃かな。ネットで検索すると、当時の大変な様子がたくさん出てくる。

今では道路も整備されて、かなりよくなってる。だからバスも5時間でいける。しかし、短い旅行なので時間は貴重。今回は日帰りで飛行機で行くことにした。片道1時間弱で1万円ぐらい。

この往復移動費の2万円も寄付したほうが絶対いいと思いながら、自分で見てみたくてプノンペンへ行った。

中谷よしふみ
アンコールワット観光
カンボジア旅行は大丈夫?インフルエンザA型(H1N1)大流行

コメントする

ログイン情報を記憶

スポンサー

僕たちは世界を変えることができない。 あなたのたいせつなものはなんですか?―カンボジアより カンボジアを知るための60章 エリア・スタディーズ わたしが見たポル・ポト―キリングフィールズを駆けぬけた青春 カンボジアの子どもたち―遠藤俊介写真集 老いて男はアジアをめざす-熟年日本男性のタイ・カンボジア移住事情